不動産や投資に関することは専門の業者に相談しよう

噂や注意点

不動産の経営にはいろんな方法があります。その中に近年には都市綜研インベストバンクというものがありました。これには情報の取り扱いなどの注意が多くありました。現在の状態も見ていきます。

家賃相場を知る

家賃相場の情報収集は、不動産賃貸を経営していく上で重要なものになります。その年の家賃相場の設定に合わせ、高額な家賃にならないようにしておくことで空室などの問題を防ぐことが可能です。

不動産を扱う事業

過去にあった噂とはどのようなものか

「みんなで大家さん」という言葉を一時期よく耳にすることはなかったでしょうか。それは、この都市綜研インベストバンクの関連会社の不動産投資商品の名前で、この会社の親会社は都市綜研インベストファンドといいます。この都市綜研インベストファンドの系列会社である「みんなで大家さん販売株式会社」が一時期行政処分を受けた時期もあり、それに伴い、悪い噂がネットで流れた時期もありました。例としては、「利回りが高すぎる」「経営不振ではないのか」「本当に元本保全なのか」などといった噂です。この噂にはしっかりとした根拠があり、また現在では、かなり厳しい基準が設けられており、数少ない信用のある企業しか認可を受けることのできない「不動産特定共同事業法」の認可を受けている信用できる企業となっています。

都市綜研インベストバンクは何をしている会社なのか

都市綜研インベストバンクは2013年2月に資本金1000万円をもとに創立した会社です。元々この会社の親会社は先程説明した通り、「都市綜研インベストファンド」であり、その系列会社である都市綜研インベストバンクは現在「不動産事業」「ホテル事業」「高齢者向け事業」の3つの事業を主に行っています。先述で、「利回りが高すぎる」などと言った噂があるといった話がありましたが実際はどうなのでしょうか。その点に関しては、都市綜研インベストバンクの利回りは6%と他社に比べては高めに設定されています。しかし、その分、安定した収入を得るために良いものを厳選しており、何ら問題はありません。このようにちゃんと経営できているのかといった心配はなく、投資を始めてみる機会に都市綜研インベストバンクを利用してみてはいかがでしょうか。

投資顧問について

投資を行う場合には、投資顧問を利用すると良いでしょう。投資顧問は投資の知識が深いので、あらゆるノウハウを教えてくれます。利用したときの価格やサービス内容、注意点について把握しましょう。

アパート経営のコツ

不動産経営のなかでも初期費用が抑えられることで知られているのはアパート経営です。アパート経営には立地が重要になり空室率のリスクを避ける方法になります。実際の内容について見ていきます。